やんちゃオヤジの「困った時の紺ジャケットのドレスダウン」メンズファッションの春夏のコーディネート

夏物が出始める時期のなって来ましたが、暑くなればなるほど、着こなしや着合わせが考えてしまう人いるのではないでしょうか。Tシャツやポロシャツなど、夏のマストアイテムではあるけど、それを着るだけでは、カジュアル過ぎることもありますよね。ですのでここでは、みなさんのほとんどが持っているであろう紺のジャケットをドレスダウンする着こなしを考えて観てはいかがでしょうか。

 

紺ジャケットの汎用性を生かす

 

 

春の時期に、インナーにベストを着るのも一つの手です。この写真がデニムベストではありますが、デニムである必要はないと思います。要はジャケットと同素材でコーディネートするのはやめましょう。どうしても、同素材にしてしまうと、ビジネスシーンの匂いがプンプンしてしまいます。

この時期にベストを新調するのであれば、コットンや麻のベストにするのが良いかと思います。汎用性としてジャケットを脱ぐ初夏の時期にも使い勝手が良い着こなしアイテムですのでおすすめします。

 

 

デニムを履く

 

これはもう定番になりつつありますが、シルエットに注意は必要ですね。なんども他の記事でお話をして来ていますが、某ファストファッションのCMなどでもわかるように、「動きやすいスリム」が中心です、確かにレディースでは、ワイドパンツが流行していますが、デニムはまだまだスリムですよね。ワイドパンツはメンズではなかなかシルエットを大人世代は着ることは難しいと思います。

 

当然ですがホワイトデニムは言うまでもないと思います。もう本当に多いですよね、ホワイトデニムやホワイトパンツは夏になると。定番として着こなしの1アイテムとして考えておくといいと思います。

 

 

インナーに何を入れ込むのかがキモ

 

白はなるべくであれば避けたいところですが、もし入れるのであれば、ベストなどを着てアクセントをつけましょう。今年はスモーキーカラーがトレンドカラーになっているので、そのあたりを意識しても良いかと思います。

ボーダーを入れ込んでマリンスタイルにしてみても良いかと思います。ここで注意するのはボダーの太さです。体が細い痩せている人は太めのボーダーでも良いですが、体格の良い人は写真のような細いボーダーにすることをおすすめします。ボーダーは横ラインなので太ければ太いだけ膨張してしまいますので、そこは注意してください!

 

いかかでしたでしょうか。

 

持っているアイテムをいかに使うかで、当然お金の節約にもなりますし、着まわしの楽しさを味わっていただけると思います。この着まわしは紺に限ったことではないので、ご自身が持っているジャケットをどう生かすのかを考えて、これから夏アイテムのお買い物の際、考えていただければと思います。

 

hide

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!