スーツをきちんと着るための4つのチェック項目はこれだ!

どんな仕事をしていようとも、スーツを着る機会が全くない人なんていないと思います。(居たらごめんなさいだけど・・・)

今一度、スーツがちゃんと着れているのか、サイズ感は合っているかを鏡でチェックすることが大切です。

去年より太っていたり痩せていたりすると、当然ですが色んなところに不備が出てきます。それはあなたに限ったことではなく誰にでも当てはまります。

 

<チェックポイント>

 

1 ボタンを閉めたときに異常なほどシワが入っていませんか?

2 ジャケットの袖丈はきちんと合っていますか?

3 肩は落ちていませんか?

4 背中にシワが入っていませんか?

 

スーツをここ何年も購入していない人ほど、この項目をチェックしてみてください。

確かに昔のスーツは物持ちがいいです。素材にしても縫製にしても、今よりいい時代ですからね。

でも

シルエット。デザインだけは変わってきます。

アダルト層の人は、昔のスーツはとにかく大きいので、肩が落ちていることが多いですし、着丈や袖丈も長めに着ていた時代がありましたので、要チェックです。

 

ヤング層は、スーツに着慣れていないから、販売員の言いなりになってしまい、しっかりとサイズ全体が合っていない場合があります。細身のスーツだからと言って安心するのはNGです。

 

それに着ないよという人も多くなっているとは思いますが、例えば、友人の結婚式などで、いざという時に、余計なシワが入ってしまうようなスーツで出席するのは、単に、小僧の着こなしで、社会人としての大人の着こなしには程遠くなってしまうので注意が必要ですね。

 

もっとチェックするべきところは沢山あるのですが・・・まずはこの4点を必ずチェックするようにしてください!

特に春夏物を今、ちゃんとチェックしておき、もし、合っていないところがあれば、必ず、買った店でお直しをしましょう!

どんなに修理箇所が合ってもまだまだ春物を着るには時間がありますよね。今のうちにしっかりと修正しておくことが大切です。

ぜひチェックしておいてください!

 

hide

 

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!