メンズファッション2016年秋冬 やんちゃオヤジの9月の着こなし方

台風がどんどん日本にきていますが、確実に秋に向かっています。まだまだ残暑が厳しい可能性もある9月ですが、まだまだ、マリンルックしていては、季節感のない男ってアデーニョに思われてしまいます。では、どんなスタイルで秋を意識すれば良いか考えてみましょう。

 


9月だからと言って、素材はまだまだ夏素材でも大丈夫です


秋素材と言っても、秋だけの素材というのはほとんど販売されておらず、秋冬の長い期間着れる素材

がほとんどです。9月の残暑が厳しいこの時期にやはり、しんどいのが現状です。ですので、夏素材をうまく使うことをお勧めします。

そこでその使い方は色で秋を表現しましょう。茶、黒、キャメル、グレー。素材は夏素材を使いましょう。ブルーはどちらかというと夏をイメージされてしまうので一時的に使うのはやめたいところです。

 


軽めの着合わせを意識する


image

ボルドーのシャツ。ボルドーはこの秋冬、トレンドとして抑えられそうな色だということは、このサイトを読んでいらっしゃる方であれば、おわかりだと思います。前を開けて、いつでも脱げるスタイルにするといいと思います。シャツ程度なら、手で持っていても、腰に巻いていても、そんなに苦痛にはならないはずです。

 

そして靴も、茶を履くとそれだけで、秋っぽく感じると思います。早い人だとスェード素材を履く人もいると思いますよ。そしてパンツ。パンツはまだハーフの人もいる時期だとは思いますが、そこもやはり、ダーク系、もしくは秋を感じる、茶〜濃いめのベージュ。そして紺と。白〜明るめのベージュは春〜夏をイメージさせるので、ちょっとだけ我慢するといいと思います。白は冬もOKなので、この時期だけ我慢ですね。

 

いかがでしょう。多少なりとも、ご自身が色だけでいいので、意識して着合わせすれば、季節感を意識した、常識ある男のイメージを相手に持たせることができると思いますよ。

 

hide

 


無料メルマガ「お洒落達人になるための100の法則」へのご登録はこちらから

*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな
*メールアドレス

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。