ハッとしてドキドキ。夏本番の帽子。ダンディーに?やんちゃに?

さぁ〜夏本番。

近年、ストローハットを始め、男性も女性も、帽子=ハットをかぶることが多くなっていると思います。夏といえばやはりストローハットですがストローハットとは、広い意味で、植物繊維で編まれた夏用の帽子を指します。

image

 

アポロキャップ

image

一般に「野球帽」と言われるタイプです。ベースボールキャップなんてカタカナ好きな人は、あえて言ったりもしますけどね。

 

ニットキャップ

image

一時期、おかしいと言えるくらいに夏にかぶっているのが若者の間で流行りましたけど、これは私個人としてはNGと言いたいですね。蒸れるし、オヤジになる頃には薄くなる原因らしいですから。ワッチキャップという言い方もあり、このキャップは第2次世界大戦中、米海軍によって採用された帽子で、以後、広まっていきます。

 

image

せっかくですので、このくらいの砕けた感じの時にかぶってみてはいかがでしょうか。


最後に・・・


帽子を購入する際、

使うシーンはどこか?

によって使い分けるといいと思います。

あと、クラウン(帽子の山)とプリム(つば)この単語を頭に入れながら、バランスを考えて購入することをお勧めします。

たまに居ますよね?彼女の帽子借りたの?って感じで、頭に乗っかっている感じの人。あれはNGですので、注意してくださいね。

では、また。


この100の法則をしっかりと頭に入れてもらえれば、ワンランク上の好印象になれる、無料メルマガ「お洒落達人になるための100の法則」へのご登録はこちらから

*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな
*メールアドレス

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。