【メンズファッション】大人の休日カジュアルスタイルを今一度考えてみる

 

 

今回の記事では、オンタイムではオフタイム=休日のカジュアルスタイルについて考えていきたいと思います。

 

貴方の休日スタイルは?と聞かれてどんなスタイルを答えますか?

 

読んで頂くと、貴方のカジュアルの考え方をもう一度見直いい機会になると思います。

それは、大人カジュアルの定義(大それた言い方になってしまいますが)そのものが、間違っている人がほとんどだからです。

最後まで読んで頂いて、貴方の休日カジュアルの定義に何かしら変化を与えて、お洒落人になってもらえたら幸いです。

 

【メンズファッション】大人の休日カジュアルスタイルを今一度考えてみる

 

 

そもそも貴方に質問します。

「貴方のとって休日のカジュアルスタイルはどのような服(定義)ですか?」

 

 

着ていて楽な格好?

リラックスできる服?

あまり気を使わずに着れる服?

 

こんな答えが返って来そうですが・・これをファッションと貴方は呼びますか?プロから見させてもらうならば、この答えは、”ただの部屋着です!”

 

いやいや、これでコンビニ行ってるし!

住んでる駅の周辺まではこれで行ってるし!

 

そう言う人も少なくないはずです。そりゃ、そうですよね?貴方にとってはそのスタイルが、大人の休日カジュアルスタイルなわけですから。

 

貴方が思っている休日のカジュアルスタイルって?

 

ただの部屋着と行ったのには理由があります。

それは

 

おそらくほとんどの人が、そのスタイルで人に会うことを想定していないからです。つまりは人目を意識して洋服は選んでいないと言うことです。

 

 

例を挙げると

例えば、貴方には家族がいて、隣の奥様に家の近くで遭遇。「お洒落ですね~」と言われたとします。ここで、よ~く考えてみてください。もしお洒落と言われたとしても。その奥様の基準は

 

その旦那様だと言うことです。

 

 

人は経験値や脳に残っている残像を使って基準を設けて、その判断をしてしまいます。そのお洒落という言葉は、隣の旦那様と比べてだということです。

 

 

ここで思いっきり勘違いをしてしまっている人が多いから、部屋着ファッションを大人カジュアルスタイルとして勘違いしてしまっているのです。

 

 

まずは認識を変えてください。

 

大人カジュアルスタイルが部屋着だと言われてしまった貴方は、まずは認識を変えていきましょう。ありがちなことなのですが、もしかすると・・・

寝ている服装=部屋着

になっていたりしませんか?

 

 

そうなっていたとしたら、貴方が部屋着をそう解釈してしまうのは理解できます。(そういう寝巻きを部屋着が同服だという人増えているのも事実なので・・・)

 

 

でも生き方にスタイルを持っている格好いい大人は、ほとんどは寝るときの洋服と部屋着は別です。

 

 

こんな話をすると・・・確実にそんな生活スタイルしたくないとか、面倒臭いとか、理由を探す人がいますけど、それって貴方の人生、それ以上前に進まないことを意味しますよ。現状維持は、後退を意味します。

 

ファッションも然りですが、世の中、絶えず変化していますよね?それも出来ているいないは別にして、前進しようと変化しています。その場で立ち止まっていれば・・・

 

周りは動いているわけだから、貴方のそのポジションは後退しているということになってしまいます。お分かりだとは思いますが・・・。

 

ですので

別に寝るときの服装と部屋着を分けろというのではありません。が、しかし、それは寝ている服から着替えたから休日カジュアルに着替えたということにはならないということをまずは、しっかりと認識しておいてください。

では、具体的に考えていきましょう。

 

 

若者のスタイルと一線を画すことを意識しましょう

 

今、ものすごく若い世代に流行っているオーバーサイズのカジュアルファッションですが、そのまま鵜呑みにして着ていたりしませんよね?見窄らしいオッチャンになってしまうのでその組み合わせは非常に難しいですので、大人としてどう休日カジュアルを着るかを考えた方がベターです。

 

そもそもの基本とすべきアイテムは?

 

ずばり!それはジャケットを基軸にすることをオススメします。

 

日本人の傾向として、休日カジュアルはチェックのシャツを連想してしまいがちです。それは今ほど、スタイルの多様化が進まなかった昔は、挙って、アメカジファッションが休日カジュアルの王道だったからかも知れませんが・・・。

 

プロから言わせてもらうならば、サイズ感を間違わなければ、チェックのシャツもアリですが、まだまだお洒落人ではないと思っているのであれば、まずはチェックシャツはあまりオススメしません(アメカジ命という人はそれでもいいと思います。それがスタイルになりますから)。

 

しかし、若い世代からすると「アメカジファッションはおじさんファッション」という認識があるのも事実です。(これは知っておいた方がいいですので、コテコテのアメカジファッションにしないようにするべきだと思います。)

 

なるべく考えてはいけないアイテムとその対処法

 

ですので、チェックのシャツは一度、頭から切り離して考えていくことをオススメします。

 

大人の休日カジュアルとして考えないといけないことは、アイテムのデザインやカラーではなく、素材やディティールで表現すべきだと思います。

 

最もここにこだわると家族がいる、特に奥様などからは

いつも似たような洋服ばかり買って

と言われがちになります。

 

それは単純な理由で、女性にはたくさんのスタイルがファッションとして存在しますが、男性の大人ファッションにはそんなに沢山のスタイルは存在していません。

 

なので、女性からは、あまり変化がなく見えてしまい。同じスタイルばっかりと見えてしまうのです。

ただ、その目先を変える手法としてカラーを差し込むという方法は存在します。先ほどはカラーはNGと言いましたが、それは女性のように、アウターのような大きな面積でカラーものを着てしまうということです。

 

 

ですので。カラーはトレンドを差すためのアクセントと覚えておいてください。

今年のトレンドカラーをどう摘むのかを知りたい人はこちらの記事を読んで見てください。

メンズファッション2020年春夏のトレンドをピックアップ【厳選】

 

 

チェックシャツを外した場合、どうするか?それは、まずはジャケットから解説しますが、ジャケットはスーツの上着のようなテーラード仕立てである必要は全くありません。

 

逆にリラックス感を出したいのであれば、アンコンジャケット(肩パットが入っていないジャケット)を使うといいと思います。

 

 

そして、インナーですが、チェックのシャツに拘らず、例えばオックスフォードシャツなどを選ぶのも一つの手段ですし、ボタンダウンシャツを選ぶのも、一つの手ですよね。

 

それに、ビジネスシーンでは、普通はなかなか着れないカラーシャツ(ブラックやネイビー。ピンクなど)を合わせるのも手です。

 

例えば、ブレザーのようなテーラード仕立てのものであっても、ボトムスをデニムにするだけでも、大人カジュアルのスタイルは作れます。

 

いくつか方法をお話ししましたが、これだけは一番気を使って欲しいことがあります。それは・・・

 

休日スタイルといえども、人から見られていることを意識して考えるということです。ですのでサイズ感は最も大切で、リラックスしたいからと言ってダボダボのパンツとかでジャケットを着るのはやめましょう。

 

ダサいの一言ですから。

そして

休日だからと言って、休日用のカジュアル着を、仕事の時とは違ったスタイルを着なくてはいけないということは全くない。

 

ということを覚えておいてください!

 

hide

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!