【ベージュ×カーキ×ホワイト】

このスタイリング。

テクニックとして覚えておいてください。

 

ベージュのジャケット。似合う似合わないはさておき、結構持ってるよって方多いと思います。

今までなんとなく、ネイビーのコットンパンツとか合わせていませんでしたか⁈

今までこのやんちゃサイトにしろ、hideSTYLEにしろ、ホワイトパンツをかなり推してきたと思います。

チャレンジした方もいるのではないですか⁈

もししてくれていたら、感謝!感謝!です

そのホワイトパンツをベージュやカーキと合わせる。

 

無彩色であるホワイトをボトムスに合わせることで、ネイビーなどの濃いめのボトムスと違い、物凄く軽く見えると思います。

また、よく言われるのがコットン素材でもポプリンと言われる、まぁ〜夏素材としては一番薄いと言ってもいいくらいの素材を使ったジャケット。

昔からある素材なので、トラッドブランドにいくと、ほとんどのブランドで生産・販売していると思いますが、そのジャケットも良いのですが・・・

この場合、ジャケットとベスト、どちらかを麻素材などにして、素材感を変えてあげると、見え感は全く違って来ます。

麻はシワになるし、一日中、シワシワで着るのはどうも・・・って人もいると思いますが、それは昔のイメージですからね。

麻素材に限らず、植物性の素材は全て、動物性の素材に比べると確実にシワになります。思い出してみてください。

 

 

例えば、何かの植物の葉を折り曲げた時に、その葉はもう元には戻りませんよね?

そして、植物性はご承知の通り、水分を吸って成長していた原料なので、当然水分は吸いやすいです。つまりは着用した時の汗とかです。でもそのデメリットとして、吐き出すことが自らはできないのです。乾かすということをしない限りは。

ですので、真夏は少々暑いと言うのが実はデメリットなのです。

そこを理解しつつも、素材感に変化を持たせるだけで、違った見え感になりますので、そこはテクニックとして覚えてくといいと思います。

 

 

 

同素材で組み合わせれば、ドレス寄りになります。

この写真はベージュのジャケットですが、この組み合わせ、逆にしても大丈夫です。そしてジャケットとベストを同色・同素材にすると、ドレスアップに寄ったコーデとなっていきます。

そして、ベージュを一番外側に着るのであれば、必ず靴は茶系だと言うことも忘れずに。

 

 

よく、せっかく靴までのアッパーは綺麗に、上手に組み合わせているのに、靴がねぇ・・・・って人多く見かけます

 

 

これからの時期、ますます暑くなってくるので、ボトムスにホワイトを使って、軽めの夏仕様にしてみてはどうですか。

 

着こなしを覚えて行きたい方にはこちらのメルマガにご登録を
「おしゃれになるための100の法則」
ご登録はこちら
↓↓↓
https://beast-ex.jp/fx3997/w1mAiZ

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。