男のやんちゃと余裕、そのさじ加減がダンディーのオーラだね

最近、ガツガツ飯を食うことがなくなった。

若い時のように、「質」より「量」さえあれば良い時とは確実に違う。

若い頃、諸先輩たちを見ていて

だんだん、脂っぽいものは・・・と言い出すのを聞きながら

「俺はそんな風にはならないぜ」

なんて思っていた。

でも、半世紀を迎える直前ではあるが、その道筋は僕にも訪れることになったようだ。

テレビや雑誌などを見ていても

がっつり系の食いもの屋より、素材にこだわって、ちょっとずつ

いろいろな楽しみ方を教えてくれるところにアンテナは立つ。

酒場もそうだね。

ワイワイ、ガヤガヤ。

そういうところはイベントやレセプションパーティーで過ごせばいい。

オフタイムは、しっぽりと時間と空間、そして食材を楽しめる

そんな場所に心地よさを求めるようになってきている。

BARに居る自分を想像して、そんなに違和感を感じなくなっている。

そんなに酒自体が好きなわけじゃないから、酒には詳しくないよ。

でもバーテンの方に聞きながら、まだ未知の酒を嗜む。

不思議だけど、それが事実。

そして、それが心地よいんだよね。

そんな場所をご紹介できればもっと楽しんでもらえるのかな。

hide

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。