【メンズファッション】お洒落のあるべき論を語る前に

今日はファッションの関して話す大前提と言うか 大元になる話をしておきたいと思います。

人がおしゃれをする時、僕も良く言うんだけど まずは 「自分らしく」と言う言葉。

 

それって昔と違って、あるべき論はいらなくなった証拠だと思っているんです。

会社での立場のある人であっても、自分らしさがなければ、しんどくなるだけですもんね。

 

 

あるべき論で固めたスタイリングをしていては、疲れるだけだし、何にも自分自身楽しさを感じることができない。

自分らしさが表現できれば、自ずと楽しくなるだろうし、気分がアゲアゲになってくるモノですよね。

 

 

でも、

 

そこには人間である以上、対人と言う場面が必ずつきまとうもので。 相手に不快感を与えるファッションで自分らしさを表現できても、それはマスターベーションでしかない訳です。

 

なぜなら、自分一人で生きている人なんていないのだから。そこはわかると思います。

 

ここで、もっと深掘りしたいのは洋服を着る前に・・・

 

 

 

爪はしっかりケアされていますか?

眉毛は手入れしていますか?

鼻毛は絶対に出ないですか?

耳毛はありませんか?

肌はカサ付いていませんか?

髪型はいつも自分スタイルになっていますか?

 

 

 

 

何気なく生活していると、今あげた項目ってあざなりになっていたりする訳でして。。。

ファッションを色々言う前に、まずは根本的な身嗜みをチェックすることをおすすめします。

 

ここに挙げた項目は女性は当たり前のように出来ていることで、男性がしていないこと自体がおかしい訳だし、男性だからいいって時代はもう終わってます。

 

 

例えばですが

 

 

 

手が仕事でえらく汚れたとします。

そしてたまたま仕事帰りに友人とバッタリ。そして友人と一緒に居た友人の女友達を紹介され、握手を求められたとします。 あなたはどうしますか?

 

その時、手は汚れているし、爪は伸びっぱなし、肌はカサカサ・・・ はっきり言って、第一印象をここでマイナスのスタートです。

 

ここで開き直った気持ちを持ったのであれば貴方は、本当に救いようがないと思います。

それだけ、大切なことです。洋服を着る前のことですから。

 

しっかりとご自身でチェックして、ケアを忘れないようにしてくださいね。

 

hide

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!