「ワントーンコーデ」お洒落やんちゃオヤジのメンズおすすめコーデ

ワントーンコーディネーション

写真はブルーを基調とするコーディネートですが、一般にメンズにおける、ワントーンコーディネーションと言われると昔、流行した、ブラックコーディネート(上から下までオールブラックで合わせたコーデ)を思い出す人がほとんどではないでしょうか。「トーンオントーン」という言い方もありますが同じ意味をさします。

オールブラック。ギャングかよと言うくらい、モード系ブランドが流行した時の合わせ方で、猫もしゃくしも、そのコーデだったことを思い出します。今も頑なに黒一色で合わせるブランドもありますが、もし、そのような合わせをするのであれば、しっかりと、素材感の組み合わせを考えてください。

image

実はこの合わせもワントーンコーデですね。

 

グレーを基調としてグラデーションで合わせる着こなしです。無彩色(白・グレー・黒)は使用色彩色とは数えませんので数えません。

でもなかなかの雰囲気を醸し出していますが、確かにモデルが格好いいからと言うこともあるかもしれません。素材感をしっかりと変えて組み合わせているという所がキモになります。

また、今回の最初の写真は、ブルーをキーカラーとしたワントーンコーデですが、例えば茶などもよく使われるコーデの色になりますね。

こげ茶〜ちゃ〜モカ茶〜茶〜ベージュなど茶も広い領域があります。そこにもし色をさすとしたら、ボルドーがおすすめです。相性が抜群なのを覚えて置いてくださいね。

image

 

 

よく見るとこの写真も、同じワンコーデでありながらも、しっかりと素材感でメリハリをつけています。そこがメンズファッションとしてのキモになりますね。

 

メンズファッションの色彩では、そもそも、そんなに多くの色を持ち込まれないのが特徴です。

では何で差をつけて表現するかです。そうです、素材感ですね。

 

柄と無地。

織りと織り

素材と素材

 

など上手く合わせるととても上品なラグジュアリーな雰囲気を作れます。ぜひ、このテクニックも頭に入れて置いてくださいね。

 

by  hide

 

<hideの格言>ーーーーーーーーーーーーーー●

メンズファッションは算数である。足し算・引き算・掛け算・割り算と。

足し算引き算でコーディネートを仕上げるとトラッド的保守派の組み合わせが

できることが多いし、掛け算割り算をプラスするとその組み合わせが広がりだし

やんちゃスタイル的な着こなしに変身する。だから算数なのである。

●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。