ジャケットの購入時に袖の合わせを間違えると、ダサいスタイルになる〜メンズファッションの着こなし方

今日は

 

スーツを含め、ジャケットを試着して 袖の長さを決める時に、結構店員も知らない 間違った合わせ方をお伝えしているので、正しい対処法を 知っておいてください。

 

ジャケットの購入時に袖の合わせを間違えると、ダサいスタイルになる〜メンズファッションの着こなし方

 

 

この写真のような袖バランスを求める、もしくは店員に進められる という事多いと思います。

 

 

 

 

 

でも、このまま試着して、袖を写真のように合わせて OK〜〜〜なんてことしていませんか?それはNG!!!! 間違いです。

 

NGの理由わかりますか?写真をよ〜く見てください。

流石にモデルが着用しているので、格好いいですよね〜〜〜

スタイルが良くて、きっとイケメンなのだろうなって思いませんか???さぞかし、格好いいメンズなのでしょう。

 

動くということは 必ずシワが生まれるということ

 

 

本筋に戻しますが

 

写真を見てといったのは モデル撮影なので、シワが入っていない事です。

 

そこがチェックポイントで 大方の人は、必ず動くという事ですし、動くということは 必ずシワが生まれるということです。

 

そのシワが曲者で シワが入ると、上着の袖は必然的に5mm〜7mm上がってしまいます。良く店員から、シャツが5mm〜1cm出るのが今の着方です なんて言われませんか? それは正解です、

 

バブル期のような長い袖は言語道断です。 でも最初から写真のように合わせてしまうとシワが入ってしまうとどうなるか???? めちゃ袖が短く見えるようになりますよね。

 

なので、袖を合わせる時には必ず インナーのシャツと同等に合わせるのです。

 

もっとも シャツがきちんとご自分の腕の長さに合っていないとダメですけどね。それにシャツは洗うと必ず(ポリエステルが半分以上混紡されているものは別)目詰まりを起こします。

 

わかりやすくいうと詰まる・縮むと表現するとわかると思います。

 

対策はこれだ!

 

 

 

ですから、

僕の接客で、袖の長さを心配する人には一度洗いをかけてから、お直しをすることを進めています。

 

そして

その上で、ジャケットを合わせるのです。

 

ですからジャケットを購入するときは、自分が良く着るシャツを必ず着て(持って)行くことを絶対にお勧めします。

 

昔と違って、ジャケット本体の袖筒が狭くなって(細くなって)いるので、影響は出やすくなっています。

 

ぜひ注意してください!

 

 

 

hide

 

無料メルマガ配信中。詳細はコチラ

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。
いいね!がブログ更新の励みになります!